システム学院
 

Windows10パソコンのアップデート

すでに2台はアップデートしていましたがさらに1台Windows7のパソコンを10にしその後
さらにこのアップデートをしてみた

今回のアップデートではペイントが3Dになったり、ゲーム・エッジ・セキュリティの強化が行われる
今回の大型アップデートは順次行われるようだが強制的にアップデートしてみた

 

Photoshopでブラシツールなどの使用時にカーソルが+になってしまう時がある。

解決方法としてはCapsLockキーを押してみるとよい。

最近、windows10に強制的にアップグレードが行われユーザーからの苦情が多くなっている。

修理の依頼がこのwindows10がらみに集中している。

ここ数週間の依頼の内容を載せておく。

●スタートボタンがクリック(左)できない

●10へログイン後画面が点滅する

●以前使っていたソフトが動かない

●HDMI接続のディスプレイが表示されない

●無線lanが使えなくなった

●キーボードが入力できない

●プリンタが使えなくなった

●アップグレード後にハードに大幅な変更後、プロダクトキーが認証されなくなった

 

マイクロソフトのWindows10への戦略はユーザーから多くの反感をかっています。

googleやアップルにつぎつぎシェアを奪われ焦りが出ているように感じられます。

今回のアップグレードはユーザーサイドに立った販売戦略とは思われません。

半強制的なアップグレードはマイクロソフト離れにならなければいいですが?

修理はこちらで受け付けております。

電話:04-2962-7938まで

 

windows10になってローカルアカウントのつくりかたがわかりづらくなりました。
以下に新規アカウントの作り方を紹介します。

①スタートメニュ|設定 をクリック
ローカルアカウントの作成01
②アカウント をクリックローカルアカウントの作成02

③家族とその他のメニュー|その他のユーザーをこのPCに追加 をクリックローカルアカウントの作成03

④このユーザーのサインイン情報がありません をクリック
ローカルアカウントの作成04

⑤Microdoftアカウントを持たないユーザーを追加する をクリックローカルアカウントの作成05
⓺ユーザー名とパスワード(省略可)を入力|次へ をクリックローカルアカウントの作成06

⓻アカウントが作成されたことを確認後ローカルアカウント をクリックローカルアカウントの作成07
⓼アカウントの種類を必要があれば「管理者」に変更ローカルアカウントの作成09
⓽スタートメニュー|ユーザー名 をクリック
新しいアカウント名が表示されるのでアイコンをクリックすると新規アカウントに移行できますローカルアカウントの作成11

以下はメモリの規格一覧です。

モジュール規格(チップ規格) データ転送速度 動作周波数
PC2100(DDR266) 2.1GB/s 266MHz
PC2700(DDR333) 2.64GB/s 333MHz
PC3200(DDR400) 3.2GB/s 400MHz
PC2-4200(DDR2-533) 4.2GB/s 533MHz
PC2-5300(DDR2-667) 5.3GB/s 667MHz
PC2-6400(DDR2-800) 6.4GB/s 800MHz
PC3-8500(DDR3-1066) 8.5GB/s 1066MHz
PC3-10600(DDR3-1333) 10.6GB/s 1333MHz
PC3-12800(DDR3-1600) 12.8GB/s 1600MHz
PC4-12800(DDR4-1600) 12.8GB/s 1600MHz
PC4-17000(DDR4-2133) 17.0GB/s 2133MHz
PC4-21333(DDR4-2666) 21.3GB/s 2666MHz

 

システム学院では第六世代インテルCore iシリーズを搭載したパソコンの販売を開始します。

特徴は14nmプロセス、DirectX 12、OpenGl4.4、Codec HEVC・VP9対応、4096×2304高解像度をサポート、HDMI2.0出力、オーバークロック対応、DDR4・DDR3Lに対応など広範囲に至っています。

ソケットはLGA1151に変更。

この高性能CPUを搭載したデスクトップパソコンを10万5千円~(税込み)より販売します。

オーダーメイドなのでメモリ、ディスプレイ、HDなどの周辺機器は変更可能です。

以前より販売していたソケット1150対応のパソコンも販売中です。

皆様のご注文を受け付けております。

お問い合わせは

電話:04-2962-7938

までお待ちしております。

 

アクセスVBAでソフト開発するうえで独自の表記法ではプログラムの利便性が失われる。
共通な表記法を使うことにより資源として再利用できる。
以下にその代表的な表記法を示しておく。
詳しくはマイクロソフトのホームページを参考にしてください。

Object                             Prefix                Example
--------------------------------------------------------------------------
Form                               frm                   frmFileOpen
Check box                          chk                   ReadOnly
Combo box                          cbo                   cboEnglish
Data-bound combo box               dbc                   dbcEnglish
Command button                     cmd                   cmdCancel
Data                               dat                   datBiblio
Directory list box                 dir                   dirSource
Drive list box                     drv                   drvTarget
File list box                      fil                   filSource
Frame                              fra                   fraLanguage
Grid                               grd                   grdPrices
Data-bound grid                    dbg                   dbgPrices
Horizontal scroll bar              hsb                   hsbVolume
Image                              img                   imgIcon
Label                              lbl                   lblHelpMessage
Line                               lin                   linVertical
List box                            lst                  lstPolicyCodes
Data-bound list box                dbl                   dblPolicyCode
Menu                               mnu                   mnuFileOpen
OLE container                      ole                   oleObject1
Option button                      opt                   optFrench
Picture box                        pic                   picDiskSpace
Shape                              shp                   shpCircle
Text box                           txt                   txtGetText
Timer                              tmr                   tmrAlarm

Object                             Prefix                Example
------------------------------------------------------------------------
Vertical scroll bar                vsb                   vsbRate
Animation button                   ani                   aniMailBox
bed      Pen                       Bedit                 bedFirstName
Checkbox                           chk                   chkReadOnly
Picture clip                       clp                   clpToolbar
Communications                     com                   comFax
Control                            ctl                   ctrCurrent
Data control                       dat                   datBiblioDirectory
Directory list box                 dir                   dirSource
Common dialog ctrl                 dlg                   dlgFileOpen
Drive list box                     drv                   drvTarget
File list box                      fil                   filSource
Form                               frm                   frmEntry
Frame (3d)                         fra                   fraStyle
Gauge                              gau                   gauStatus
Group push button                  gpb                   gpbChannel
Graph                              gra                   graRevenue
Grid                               grd                   grdPrices
Pen Hedit                          hed                   hedSignature
Horizontalscrollbar                hsb                   hsbVolume
Image                              img                   imgIcon
Pen Ink                            ink                   inkMap
Keyboard key status                key                   keyCaps
Label                              lbl                   lblHelpMessage
Line                               lin                   linVertical
MDI child form                     mdi                   mdiNote
MAPI message                       mpm                   mpmSentMessage
MAPI session                       mps                   mpsSession
MCI                                mci                   mciVideo
Menu                               mnu                   mnuFileOpen
Object                             obj                   objUserTable
Option Button (3d)                 opt                   optRed
Outline control                    out                   outOrgChart
3d Panel                           pnl (3d)              pnlTitleList
Report control                     rpt                   rptQtr1Earnings
Shape controls                     shp                   shpCircle
Spin control                       spn                   spnPages
Timer                              tmr                   tmrAlarm
Vertical scroll bar                vsb                   vsbRate

Database Objects                   Prefix                Example
--------------------------------------------------------------------------
ODBC Database                      db                    dbAccounts
ODBC Dynaset object                dyn                   dynSalesByRegion
Field collection                   fld                   fldCustomer
Field object                       fld                   fldAddress
Form                               frm                   frmNewUser
Index object                       idx                   idxAge
Index collection                   idx                   idxNewAge
Macro                              mcr                   mcrCollectUsers
QueryDef object                    qry                   qrySalesByRegion
Query                              qry                   qrySalesByRegion
Report                             rpt                   rptAnnualSales
Snapshot object                    snp                   snpForecast
Table object                       tbl                   tblCustomer
TableDef object                    tbd                   tbdCustomers

次の表に、コントロールのプレフィックスを使用するサード パーティ ベンダーが標準的な名前の先頭の文字を示します。

Vendor                         Abbreviation
-------------------------------------------
MicroHelp (VBTools)            m
Pioneer Software Q+E Database  p
Crescent Software              c
Sheridan Software              s
Other (miscellaneous)          o

Objects                            Prefix                Example
---------------------------------------------------------------------
Alarm(Microhelp)                   almm                  almmAlarm
Animate(Microhelp)                 anim                  animAnimate
Callback(Microhelp)                calm                  callback
Combo Box(Pioneer)                 cbop                  cbopComboBox
Combo Box(Sheridan)                cbos                  cbosComboBox
DB_Check(Pioneer)                  chkp                  chkpCheckBox
chart(Microhelp)                   tm                    tmChart
Clock(Microhelp)                   clkm                  clkmClock
Command Button(Microhelp)          cmdm                  cmdmCommandButton
DB_Command(Pioneer)                cmdp                  cmdpCommandButton
Command Button(Group)(Microhelp)   cmgm                  cmgmBtton
Command Button (icon) (Microhelp)  cmim                  cmimCommandButton
CardDeck(Microhelp)                crdm                  crdmCard
Dice(Microhelp)                    dicm                  dicmDice
SSDir(Sheridan)                    dirs                  dirsDirList
SSDrive(Sheridan)                  drvs                  drvsDriveList
File List(Microhelp)               film                  filmFileList
SSFile(Sheridan)                   fils                  filsFileList
Flip(Microhelp)                    flpm                  flpmButton
Form Scroll(Microhelp)             fsrm                  fsrmFormScroll
Gauge(Microhelp)                   gagm                  gagmGauge
Graph(Other)                       gpho                  gphoGraph
Q_Grid(Pioneer)                    grdp                  grdpGrid
Horizontal Scroll Bar(Microhelp)   hsbm                   hsbmScroll
DB_Hscroll(Pioneer)                hsbp                   hsbpScroll
Histo(Microhelp)                   hstm                   hstmHistograph
Invisible(Microhelp)               invm                   invmInvisible
Icon Tag(Microhelp)                itgm                   itgmListBox
Key State(Microhelp                kstm                   kstmKeyState
Label (3d) (Microhelp)             lblm                   lblmLabel
Line(Microhelp)                    linm                   linmLine
DB_List(Pioneer)                   lstp                   lstpListBox
SSList(Sheridan)                   lsts                   lstsListBox
MDI Control(Microhelp)             mdcm                   mdcmMDIChild
SSMenu(Sheridan)                   mnus                   mnusMenu
Marque(Microhelp)                  mrqm                   mrqmMarque
OddPic(Microhelp)                  odpm                   odpmPicture
Picture(Microhelp)                 picm                   picmPicture
DB_Picture(Pioneer)                picp                   picpPicture
Property Vwr(Microhelp)            pvrm                   vrmPropertyViewer
DB_RadioGroup(Group)(Pioneer)      radp                   radqRadioGroup
Slider(Microhelp)                  sldm                   sldmSlider
Spinner(Microhelp)                 spnm                   spnmSpinner
Spreadsheet(Microhelp)             sprm                   sprmSpreadsheet
Stretcher(Microhelp)               strm                   strmStretcher
Screen Saver(Microhelp)            svrm                   svrmSaver
Switcher(Microhelp)                swtm                   swtmSwitcher
Tag(Microhelp)                     tagm                   tagmListBox
Timer(Microhelp)                   tmrm                   tmrmTimer
ToolBar(Microhelp)                 tolm                   tolmToolBar
Tree(Microhelp)                    trem                   tremTree
Input(Microhelp) (Text)            txtm                   inpmText
DB_Text(Microhelp)                 txtp                   txtpText
Vertical Scroll Bar(Microhelp)     vsbm                   vsbmScroll
DB_VScroll(Pioneer)                vsbp                   vsbpScroll

エクスプローラを操作しているときに便利なのがナビゲーションウィンドウの「開いているフォルダまで展開」の機能だ。

エクスプローラ

エクスプローラ

表示/ナビゲーションウィンドウ/開いていフォルダまで展開

で現在アクティブになっている場所が左の階層に同期される。

自分のアクセスしている場所がわかり、とても便利だ。

 

もう一つ便利なのがクイックアクセスだ。

自分のよく使っているフォルダやファイルがわかりやすく重宝する。

 

AptanaStudioでの開発でEmmetは欠かせない。

最大限に効率を上げるためによく使われる省略記号を列挙しておく。

html

! <!DOCTYPE html><html lang=”en”><head><meta charset=”UTF-8″ /><title>Document</title></head>

<body>

 

</body>

</html>

 link:css <link rel=”stylesheet” href=”style.css” />
 a  <a href=””></a>
 a:link  <a href=”http://”></a>
 br  <br />
 hr <hr />
hdr <header></header>
ftr <footer></footer>
mn  <main></main>
 ol+ <ol>
<li></li>
</ol>
ul+ <ul>
<li></li>
</ul>
table+ <table>
<tr>
<td></td>
</tr>
</table>
tr+ <tr>
<td></td>
</tr>

 css

Visual&Formatting
pos:a position: absolute;
 pos:r  position: relative;
t  top: ;
 t:a  top: auto;
 r  right: ;
 r:a  right: auto;
 b  bottom: ;
 b:a  bottom: auto;
 l  left: ;
 l:a  left: auto;
 fl  float: left;
 fl:n  float: none;
 fl:r  float: right;
 cl  clear: both;
 d:b  display: block;
 d:i  display: inline;
 d:ib  display: inline-block;
 v  visibility: hidden;
 v:v  visibility: visible;
 ov  overflow: hidden;
 zoo, zm  zoom: 1;
 Margin&Padding
 m  margin: ;
 m:a  margin: auto;
 mt  margin-top: ;
 ml:a  margin-left: auto;
 mr:a  margin-right: auto;
 p  padding: ;
 font
 f  font: ;
 f+  font: 1em Arial,sans-serif;
 fw  font-weight: ;
 fw:b  font-weight: bold;
 fz  font-size: ;
 ff:a  font-family: serif;
 Text
 va  vertical-align: top;
 va:m  vertical-align: middle;
 va:b  vertical-align: bottom;
 va:bl  vertical-align: baseline;
 ta  text-align: left;
 ta:l  text-align: left;
 ta:c  text-align: center;
 ta:r  text-align: right;
 ta:j  text-align: justify;
 td  text-decoration: none;
 tsh:ra  text-shadow: h v blur rgba(0, 0, 0, .5);
 BackGround
 bg  background: ;
 bg+  background: #fff url() 0 0 no-repeat;
 bgi  background-image: url();
 bgr  background-repeat: ;
 bgr:n  background-repeat: no-repeat;
 bgr:x  background-repeat: repeat-x;
 bgr:y  background-repeat: repeat-y;
 Color
 c  color: #000;
 c:r  color: rgb(0, 0, 0);
 op  opacity: ;
 Tables
 tbl  table-layout: ;
 tbl:f  table-layout: fixed;
 Border
 bd  border: ;
 bd+  border: 1px solid #000;
 bds:n  border-style: none;
 Lists
 lis  list-style: ;
 lis:n  list-style: none;

 

Windows10に変更したらいろいろな問題が出てきた。

一つには、adobeCS2が起動しないこと

もう一つは、xammpのapacheに起動エラーが出る。

cs2の問題は解決しましたが

こちらのほうが解決しないとHPの開発に支障をきたします。

apacheはポート80を使いますがskype使っていないのにエラーが出てしまった。

仕方ないのでポートを80から81に変更。

その方法は

①apacheのコントロールパネルから config をクリック

xammp30

②Service and Port Settings をクリック

xammp31

③Main Port を80から81に変更

xammp32

④Apacheインストール先 C:\xampp\apache\conf)にある設定ファイルhttpd.confをエディタで開く。

#Listen 0.0.0.0:80
#Listen [::]:80
Listen 80


#Listen 0.0.0.0:80
#Listen [::]:80
Listen 81

80を81に変更

⑤同様に

ServerName localhost:80


ServerName localhost:81

変更して保存。

再起動後に

http://localhost:81/設定アドレス  で開けるようになりました。

adobe cs2 の製品はIMEと相性が悪いらしい。

解決策としては

①コントロールパネル/時計、言語、および地域 をクリック

xammp25

②言語 をクリック

xammp26

③左側の 詳細設定 をクリック

xammp27

④入力方式の切り替え/アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する にチェックを入て保存をクリック

xammp28

以上の操作で起動する。

 

 

office2013のプレインストールパソコンではoffice2016をインストールするとoffice2013の全製品が削除されてしまいます。

office製品をすべてバージョンアップする場合は問題ないのですがインストールには気を付けなければいけません。

バージョンがアップデートされると以前の方法ではインストールができなくなる。
今回はxammpのバージョンは7.04。wordpressのバージョンは4.42。
xammpのダウンロードはこちらのアドレスから

xammp00

 

win32を選択すると次のダウンロードのページに切り替わる。

xammp01

 

インストールを実行

xammp02

yesをクリック

xammp03

OKをクリック

xammp04

 

nextをクリック

xammp05

チェックは必要な項目だけでOK

xammp12

ApacheとMySQLの項目のStartボタンをクリック

xammp14

 

エラーがなければOK

MySQLのAdminをクリックして

xammp16

データベースを作成する

今回はデータベース名をdiaryとした。ここは自分の希望する名前にする。

作成ボタンを押すと

xammp17

上図の画面になれば成功

次に解凍されたwordpressをxammpのC:\xampp\htdocsにコピーする

xammp19

 

アドレスバーにhttp://localhost/wordpress/index.phpを入力すると次の画面が表示される

xammp20

データベース名とパスワードを入力して送信ボタンをクリック

xammp21

 

次の画面で

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力してインストールボタンをクリック

 

次に設定したメーザー名とパスワードを使ってログインする

以上でインストールの手順は終了。

 

 

OpenOfficeWriterで段組みをページ全体ではなく一部だけに設定したいときがあります。

 

段組みにしたい部分を範囲選択しておきます。
メニュー/書式/設定対象(選択対象)

で段組みを希望する段数にします。

 

 

ワードプレスのテンプレートファイル

header.php ヘッダー部分
index.php メイン部分
sidebar.php  サイドバー部分
footer.php  フッター部分
single.php 投稿記事のテンプレート
page.php  ページのテンプレート
comments.php コメントのテンプレート
search.php 検索結果のテンプレート
searchform.php 検索フォームのテンプレート
 archive.php アーカイブのテンプレート
functions.php オプションの関数ファイル
404.php エラーページのテンプレート
 style.css スタイルシート

cssを記述する場合、正しい順番の指定しないとうまくいかない場合があります。

以下のように指定しましょう。

a {
text-decoration: none;
}
a:link {
color:#0000b0;
}
a:visited {
color:#0000b0;
}
a:hover {
background-color: #ffff00;
}

上記の場合、リンクの下線を解除し、文字色を濃い青、
訪問後の色も濃い青、マウスが文字の上に来たときは背景色を黄色にしています。

Internet Exploreは一部サポートを終了します。

2016年1月12日で
Windows Vista SP2はIntenet Explore9のみ
Windows 7 SP1・8.1はInternet Explore11のみのサポートになります。

WordPressでは時間的に固定されたページ固定ページを使うことができる。
作り方としては
page.phpに以下のような設定をする。

<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>
<div id=”title”><a href=”<?php the_permalink(); ?>”><?php the_title(); ?></a></div>
<?php the_content(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>

ループを使いその中に固定ページで作られた情報が

<?php the_content(); ?>で置き換えられる。

HPのProBook 4520sをWindows10にしてみた。
前回は途中でエラーが出てしまいバージョンアップすることができない。
今回はWindows10にする予定は全くなくWindows7の状態でエラーが出てしまい、故障を直すところからの出発でした。
故障内容ですが、バイオスの状態では問題なく、OSをインストールする状態でフリーズしてしまうということで、原因はHDかメモリ不良ではないかと予測。
まず、HDを正常なものと交換。電源投入後、確認すると同じところでフリーズ。残る原因はメモリ。
2枚のメモリが搭載されていたので直観で怪しそうな1枚を抜いて起動。
OSはすんなりインストールでき、これならWindows10もいけるか?
予想通りWindows10がインストールできホッとした。

前回、10にできなかったのはメモリの異常だったのかもしれない。

WordPressで直接リンクを張りたいときがあります。
そのときは固定ページの編集画面から
短縮URLのボタンを押してそのURLをコピーすれば大丈夫です。

標準のstyle.cssは
<link rel=”stylesheet” href=”<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>”  type=”text/css” />

でよいのだが、標準以外のスタイルシート(reset.css)を追加する場合は
<link rel=”stylesheet” media=”all” type=”text/css”
href=” <?php echo get_template_directory_uri(); ?>/reset.css” />
のように追加すればよい。

 

 

開発環境(XAMPP)に通常一つのWordPressをインストールしますが、同時に2つ以上の環境が必要なことがある。
そのときの手順は以下の通りになる。

1.Xamppを起動しMySQLのAdminから新規にデータベースを作成する
2.c/Xampp/htdocs/新規フォルダ の中に解凍したWorPressの内容をすべてコピーする
3.ブラウザを立ち上げてhttp://localhost/新規フォルダ/wp-admin を実行する

これで必要事項を登録すれば通常の使用法と同じになる

 

 

パソコンを買い替えた時に必要になってくるのがデータ移行である。
WindowsパソコンならばWindows転送ツールを使うのが便利だ。
移行できる内容は

ユーザーアカウント
電子メール
ドキュメント
お気に入りサイト
音楽
ビデオ
画像
などである。
自信がないときはシステム学院へお問い合わせください。
04-2962-7938
お電話お待ちしております。

最近WEBを立ち上げると表題のようなメッセージが出て先へ進めないことが多発しています。
おそらくMSIMEを標準としていくなかでMicrosoft Office IME 2010を使うためにメッセージが
現れるのではないかと思われます。
ie9_security_ime2010[1]対処法としては「今後、このプログラム・・・」にチェックを入れ、
「許可する」のボタンをクリックし、再起動すれば大丈夫だと思われます。
ただし、最終確認ではないので自己責任内でお願いします。

今回はキーボード交換です。
あやまってパソコンに水をかけてしまったらしい。
電源は入るが起動後、キーのショートらしい症状が出ていた。
注意しなければならないことはMODEL表示とProductName表示が違うことです。
部品の注文時にはProductNameの型番で行われなければならない。
依頼されたパソコンのProductNameはSVE15113FJWで表題のものとは違う。
修理手順は
①バッテリーをはずす
②裏側のねじを1本外す
③表側のキーボードを外す
④コネクタに注意しながら接続コードを外す
⑤キーボードを外す
⑥新しいキーボードの接続コードを繋ぐ
⑦キーボードを押し込む
⑧電源を入れて動作確認をする
以上で作業終了
注意するところはキーボードを外すときに爪を壊したり本体を傷つけたりしないことです。

 

右の写真はパソコン裏面のねじを外す位置(画面中央) 

 

 

 

702

 

右の写真はキーボードを外して裏返したところ 703

 

右の写真はキーボードから本体への接続部 704

 

 

今回の依頼は富士通のノートパソコンAH42/J。
電源スイッチを押しても富士通のロゴが出ただけでそこから通常画面になりません。
バイオスは生きているようなのでハードディスクの交換でなんとか復帰できそう。
Windowsのバージョンは7のホームプレミアム。
問題なのはリカバリディスクを作っていなかったこと。
とりあえず新規のハードディスクを交換後スイッチをオン。
セキュリティチェックが表示され新しいOSを受け付けてくれません。

*******************************************
Secure Boot
Image failed to verify with *ACCESS DENIED*
*******************************************
このメッセージのため起動できず
仕方ないのでBIOS画面から
*************************
Secure Boot Configuration
Secure Boot: Enabled
*************************
EnableをUnableに変更したかったのですが
グレー表示で変更不可。
参りました。
ならば7ではなく8を入れてしまえ。
と考えを変更。
持ち合わせのWindows8をインストール。
チェックが働かない状態でインストールがどんどん進行。
最後までインストールが進み、ならばいっそ10にしてしまえ。
ということでWindows10にバージョンアップ。
これまたインストールが無事に終了。
プロダクトキーを入れることなく認証も終わったもよう。
このパソコン、いまは順調に稼働中です。
しばらくは最新のパソコンとして寿命を延ばすことでしょう。

Windows10をインストール中に誤ってアカウント名を短く登録してしまいました。
アカウント名を変更しようとしたら問題発生です。
アカウント名の変更する場所が見当たりません。
スタート/設定/アカウント
この場所からはアカウント名をできませんでした。
以前のバージョンではここから簡単に変更できたはずなのに。

あちこちクリックして発見しました。
WebとWindowsを検索/コントローパネル(と入力)/ユーザーアカウント
ここで変更することができます。
コントロールパネルの場所がとてもわかりづらくなっています。

呼び出しに使うテンプレート

<?php get_template_part(‘aaa’); ?>
WordPressでは独自のテンプレートを作ることができます。
ここではカスタムテンプレート aaa.php を使って呼び出す場合
呼び出し側で<?php get_template_part(‘aaa’); ?>を使って取り込みます。
テンプレート側にも設定が必要で
テンプレートに以下のリストを上部に記載します。
<?php
/*
* Template Name:aaa
*/
?>

aaaには拡張子.phpは付けません。

 

 

マイクロソフトの最新OS Windows10
使っているパソコンはすべてWindows7でしたがその中の1台をWindows10にしてみた。
アップグレードは手動と自動の2種類あるが、パソコン操作に自信のない人は
予約をしてからのほうが安心かもしれない。が、今の時点ではあまりお勧めはしません。
パソコンによってはバージョンアップができず元の状態に戻すのができず
最悪の状態に陥ることが考えられるからだ。
事実、ノートパソコンの1台がうまくいきませんでした。
これから何度かにわたりWindows10の紹介をするつもりだ。

一般にノートパソコンはデスクトップより性能が劣ります。
しかし、少しの改造で見違えるほどスピードがアップします。
今回の依頼はDELL製ノートパソコンinspiron1501のバージョンアップです。

標準で搭載されているメモリアップと内蔵ハードディスクのSSD化に挑戦です。
まずは2GB搭載のメモリを4GBに差し替えです。
標準で入っているメモリをすべて抜き新しいメモリ2GB×2に差し替えます。
標準で搭載されているメモリはサムスンのPC2-4200S。
これをPC2-6400にしました。

電源を入れてバイオス画面で確認すると認識されていました。
通常起動でもOK.
起動時間も短縮されて動きも滑らかに。

次に、SSDの取り付け。
まずやって置かなければならないことは旧ドライブのデータを新規のSSDにコピーすることです。
今まではコピーツールで丸ごとコピーをしていましたが、今回からは
玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3でデータを移行することになりました。
キャッチフレーズはボタン一つで丸ごとコピー作成!

まずは、電源スイッチを入れていない状態でドライブ1に旧ドライブ
ドライブ2に新規のSSDをさし、電源スイッチをオンにするとともに
Cloneスイッチを押してLEDがオレンジに点滅したOK.
後はほかの作業をしながら待っていれば良い。
ほかの仕事をこなしていて気が付いたら作業が終わっていました。
ただ、前の容量で認識されているので容量を拡張しなければいけません。

今回はほとんど手間がかからず楽に作業が終わり時間の節約もできました。

18.3GBでおよそ45分かかりました。
起動時間も早く、以前のパソコンとは見違えるほどの体感スピードの変化が感じられました。